塗装に関しまして・・・参考画像

皆さまこんにちは。
エフ・マジックの吉岡です。

徐々に、秋が深まって参りましたね・・・

コスモスがあちらこちらで、秋の訪れを示してくれています^^

さて、今日はログハウスの再塗装工事に関して、ご案内させて頂きます。

夏場を過ぎ、このシーズンは毎年ログハウスの計画やメンテナンスのご相談が多い時期でもあるのですが、9月に入り数件、再塗装のお話しを頂いております。
ありがとうございます。

先ず、ログハウスの再塗装の時期ですが、新築時の塗料の種類(油性・水性)、色の濃さ、日当たり、標高などで若干の違いはありますが、概ね5年から7年とみて良いと思います。

「この2年の差は・・・?」と聞かれてしまいそうですが、その差は皆さんの見た目の気になるならないや、上記であげた内容によるものですので、必ずしもその時期でと言う事ではないのです。

では、どんな状況の時が一番長持ちをするのでしょうか・・・

・新築時に濃いめの色を使う
・水性塗料で施工する
・日当たりが少ない場所
・紫外線のあまり強くない標高や場所
・風雨にさらされにくい立地

等になります。

そして油性と水性の違いは・・・?

油性は、油分を木の表面から少し浸透させ、乾きや紫外線、風雨から守るタイプで、木から出てくる脂(やに)などにも強く、将来塗り替えの際は同じ油性で塗り替えが出来、また水性を上塗りする事も可能なので、自由度はあります。
但し最初に濃い色を使用した場合、塗り替えの際に薄めの色を塗ると言う場合には出来る色と出来ない色が出てしまう事はあります。

水性は、塗膜を木の上に作るタイプで、水などの浸透には非常に強く、木の表面にバリアを張って保護するイメージになります。
色に関しましては、薄い方が持ちは劣りますが、最初に濃い色を使用していても、塗り替えの際に薄い色へ変更する事が可能です。
但し、油性への移行は出来ません。

上記画像は油性(左の茶色)で塗っていたところに、塗り替え工事にて水性(右の白)を一度塗りした状態です。
この場所は北西側で、西陽が当たる場所なのですが、少し黒ずんでいますので、塗り替えの時期と判断しましたが、新築より7年を迎えた物件の様子です。

当社で使用しています塗料は、ランタサルミ、ホンカ等ブランドログメーカーの推奨している、ティックリラと言うフィンランドの塗料メーカーです。

このメーカーは、木の保護だけでなく、経年の変化や紫外線、木の性質を考慮した塗料の開発が進んでいて、例えば日本の塗料で「水性」を使った場合、古くなると塗膜が剥がれてくると言うケースを見受けられるのですが、そういうことはほとんど無く、また水性の場合、木が本来行う通気を邪魔してしまって、一度入った水分を放出することが出来なかったりするのですが、ティックリラの水性塗料は、木が本来持ち合わせている呼吸を妨げることなく、木の性質を生かせる保護塗料なので、本当におススメです。

・・・参考画像・・・

ボディ:油性(茶) 窓枠など:水性(白)

ボディ他全て:水性(白)

ボディ:油性(茶) ゲーブル(三角の場所)他:水性(白・黄)

ボディ他全て:油性(茶系)

ボディ:油性(ベージュ) 窓、ドア、窓枠等:水性(白、青)

ボディ他:水性(淡緑、緑) 格子のみ:油性(茶)

いかがでしょうか?
一部の物件のみのご紹介になりますけど、お好みで自由にお選びいただけ、尚且つ塗り替え時はさらにイメージチェンジも出来て、塗り替え時にはその様な楽しみもあります。

新築時には、将来もイメージし、また塗り替え時には思い切って冒険をしても良いかも知れません。

塗り替え等、お悩みの方は、ご遠慮なく弊社までご相談下さい。

本日も最後までブログをお読み頂き、誠にありがとうございました。

吉岡


北欧スタイル
f-magic inc.
Website:http://www.f-magic.com/
Mail to:info@f-magic.com
TEL:0551-20-5631
FAX:0551-20-5632

 

本格派ログハウスをシェアするという別荘オーナーシステム
スタートしました!

「Yatsugatake Vacation Club 」
八ヶ岳バケーションクラブ

 

 

 

◇ビットコイン決済が出来るようになりました!◇

お気軽にどうぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【#八ヶ岳 #北杜市 #ログハウス #別荘 #住宅 #新築 #建売#ガレージ #土地情報 #HONKA #ホンカ #RANTASALMI #ランタサルミ #RANTASEED #ランタシード #北欧 #雑貨#不動産】

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin